フェンシング_山本有沙-12

フェンシングの世界で活躍中の女性アスリート 山本有沙

今回は当サイトで最近、注目しているアスリートをご紹介したいと思います。
昨年より、瀬戸内タイムスさんや、一心うどんさん等の募金活動を通してご存じの方も多いかとおもいます。

まだ普段は"あどけなさ"が残る光市大和中学校在学中の山本有沙さんはYAMAGUCHIジュニア アスリートアカデミー(県体育協会)に在籍しているフェンシングの選手。この選手、大きな成果を上げてくることを期待されている大変有望なアスリートに成長しつつあるようです。
フェンシング_山本有沙-22
フェンシングの世界には、11歳(小5)の時に同アスリートアカデミーに入り開始されました。翌年(2015年)には、岩国で開催された女子エペのキッズクラスで優勝されたのを皮切りに、その後も幾多のハードルを乗り越え、勝利を積み重ねられています。

2017年には、フェンシングの本場であるブルガリアへの出場権を獲得し遠征されていますし、今年11月にはアジアカデサーキット開催の台北へ同じく出場権を獲得され遠征される予定となっています。
※フェンシングで使われる文言について、ミニム、カデ、ジュニア等のクラスの呼び名や、エペ、フルーレ、サーブル等の競技種目については、後述をご参照頂き読み進めて下さい。

フェンシング_山本有沙-94

直近の戦い 全国ジュニア・カデ・エペ選手権大会(箕輪市)

全国カデ・エペ選手権(箕輪市開催)が10月7日に行われ、本大会で高校生が上位を占めるなか7位入賞をされました。ベスト8対戦相手はランキング1位の方で今大会ジュニア優勝者、果敢に攻め僅差まで詰め寄ったようです。

また、同開催では、ジュニアクラス(20歳未満)のエペもあり参戦していましたが、こちらは、上位ランカーの高校生(今大会カデ優勝者)の方に敗れベスト32の28位の結果となっています。国内ランキングはカデ(クラス)で19位ですが、ランクアップになる見通しとなります。

尚、来月になりますが、11月3日には、山口県スポーツ交流村(光市光井)で「柳井金魚ちょうちんCUP 兼 ミニム・エペ・サーブル チャレンジカップ 柳井大会」が開催されます。
普段では見せない勝負する人の顔になった山本選手を見に応援しに行きましょう!

日本フェンシング協会の公式ウェブサイト。2017年よりオリンピアンの太田氏が協会会長
http://fencing-jpn.jp/

これまでの経歴と戦歴

フェンシング_山本有沙-24
今までの主な戦績をお聞きしましたので記載しました。幾つかの戦績は間引いています。
下記にある戦績を見ても日々の努力と実戦での積み重ね方が、とても良い方向へ行っていることが伺えると思います。
暦年月年齢大会・イベント順位備考
2014.11県体育協会 YAMAGUCHIジュニアアスリートアカデミー入会
2015.612錦帯橋CUP全国ジュニア・カデ・エペサーキット(岩国市)
キッズ女子エペ
優勝
2016.2.YEGカップフェンシング大会男女混合キッズ・エペ(岩国市)3位
2016.5.東日本少年個人フェンシング大会中学女子エペ(東京都)11位
2016.平成27年度前期メダル栄光受賞(県)
2016.6.13錦帯橋CUP全国ジュニア・カデ・ミニム・エペサーキット
ミニム女子エペ(岩国)
準優勝欧州出場権
獲得
2016.1.13YEGカップフェンシング大会ミニム・エペ(岩国)優勝
2017.3.13U-14欧州サーキット(ブルガリア)15位
2017.514全日本フェンシング選手権中国地区大会女子エペ(島根県)準優勝
2018.1.14JOCジュニアオリンピックカップ・フェンシング大会
(東京都駒沢)
14位
2018.2.14牧野浩朗杯フェンシング大会一般女子エペ(大分県)準優勝
2018.6.152018アジア・カデサーキット・エペ国際大会(岩国市)14位
2018.7.15全国中学生フェンシング選手権大会(東京都駒沢)3位
2018.8.15全国女子エペ(カデU-17)ランキング
19位
2018.9.152018ジュニア・カデ・エペ国際大会派遣選考会
(香川県東かがわ市)
3位台湾出場権
獲得
2018.10.15カデ・エペ・フェンシング選手権大会
ジュニア・エペ・フェンシング選手権大会
(長野県箕輪市)
7位
28位
2018.10.15女子エペ・カデ(U-17)ランキング(2018/10/16現在)10位
2018.11.15柳井金魚ちょうちんCUP兼ミニム・エペ・サーブル
チャレンジカップ(光市 スポーツ交流村)
結果:
個人女子エペ 優勝
団体女子エペ 準優勝(高松高校混成チーム)
優勝
2018.11.15アジアカデサーキットCTFA(台湾 台北市)国際大会3位
2019.2.15平成30年光市スポーツ優秀選手表彰
2019.2.15カデ・ジュニア強化指定選手(補員エントリ)

山本選手は、国内外でラウンドを行いながら戦いにチャレンジされており、現岩国工業高校の指導者でもある本間邦彦氏の下でエペ(種目)での競技に、更に腕を磨いています。

現在、最新のランキングでは、10位(日本フェンシング協会

これからも大きな活躍をされるはずですので大きな応援をしたいものですね。また支援ができるといいですね!
本間氏は、日本フェンシング協会JOC強化スタッフ、県フェンシング協会理事

フェンシング用語

競技種目解説

競技は3種目あり、それぞれ攻撃(加点方法、攻撃範囲)や由来等を簡単に記載しています。
 競技種目解  説
エペ・頭からつま先まで前身が有効
・攻撃は突きのみ。
・他の2つと違い「攻撃権」という概念は無く、攻撃を成功させない限り得点しない。
・元来、決闘そのものから発展した競技。ヨーロッパではメジャーな種目
サーブル・両手、頭部を含む上半身全てが有効
・攻撃は、他2つと違い、「突き」以外に「斬る」も有効。
・先に攻撃した方に「攻撃権」が与えられ、攻撃権を持った上で攻撃をヒットしないと得点しない。
・馬上(奇兵隊)での決闘から生まれた競技。
フルーレ・手足を除いて背中を含む胴体のみ有効
・攻撃は突きのみ。
・先に攻撃した方に「攻撃権」が与えられ、攻撃権を持った上で攻撃をヒットさせないと得点しない。
・元々、決闘の練習から発展した競技。オリンピックで太田・千田両氏が銀メダルを獲得した競技

クラス

年齢で区分けされたクラスを記載しています。
ただし、幾つか条件があるようですが、上位クラスの大会に下位クラスの選手が出場することも可能になっています。
クラス範 囲
ミニム11歳~13歳未満(小学校5年生~中学校1年生)
カデ13歳~17歳未満(中学校1年生~高校2年生)
ジュニア17歳~20歳未満(高校2年生~大学・社会人)
シニア20歳以上(大学生・社会人)

その他、よく目にする用語

フェンシングで使われる用語は、ヨーロッパ中心の言語が主なため聞きなれない言葉が多いですが、概ね理解すれば楽しめるスポーツでもございます。
名称解 説
ピスト・対戦するステージ、左右対称に帯状のエリアを設けたエリア
・幅1.5m~2m、長さ14m
プール・予選ラウンドでは、「プール」と呼ばれる6~7人の総当たり戦を行います。
・対戦3分、5ポイント先取で勝敗が決まります。
・プール戦では勝率に拠ってトーナメント出場やシード権が与えられます。
ED・エミリナシオン・ディレクト(ED)。敗者復活が無いトーナメントの意
・対戦9分、15ポイント先取で勝敗が決まります。

・山口県フェンシング協会(https://yamaguchi-fencing.jimdo.com/
・山口県スポーツ交流村(https://kouryumura.net/