島田凧上げ大会2019-45

新春たこあげ大会

島田地区で凧上げ大会が1月13日(月・祝)に開催されます。

最近は凧上げやゲイラカイト(日本における米国ゲイラ社の凧商品名)をあまり見かけなくなりましたが、手作り凧を思いっきり飛ばせる機会を毎年この時期に島田コミュニティ協議会さんが提供しています。
また凧上げ大会後にどんど焼きも同じ場所で開催されます。

今回の新春たこあげ大会では、ちらりと見た感じ概ね縦70㎝近くの大凧も上げようと現在コミセン内で製作中のようですよ。

下動画は2019年開催時の模様

新春たこあげ大会 概要

開催日  2020年1月13日(月)祝日
開催時間 9:00 - 12:00 同開催「どんど焼き」※うどん接待
開催場所 島田運動公園


正月の風物詩の一つである「凧上げ」。
そもそもの起源は紙鳶(しえん)と呼ばれ中国にあるようです。
主に軍事目的での使用だったと言われていますが、日本へは平安期(800年代)に入り貴族の遊びが定着したものと考えられています。

またその昔、凧は形が"イカ"に似ていることから「いかのぼり」と呼ばれていたそうですが、諸事情により「いかのぼり禁止令」を幕府が発布。「いかのぼり」禁止を危惧する江戸の人たちが言い訳として「いか」ではなく「たこ」だ、と呼ぶようにしたことから、関東では凧上げが定着したとも言われています。