活発な梅雨前線の影響で少し警戒が必要

今夜からの雨に、気象庁をはじめ予報を出している各社は西日本の天気に注意を促しています。

現在、停滞している九州北部から四国へ抜ける梅雨前線の影響で18日の夜から雷を伴う激しい雨が降る見込みと報じています。19日の朝までの雨量が九州北部で200ミリ、中国地方120ミリと予想されており土砂災害等の警戒と共に河川への注意が必要となる見込みです。
今後に出される気象情報に注視し必要な情報を得て適切な注意警戒が必要になります。
気象庁今後の雨の動きSH
出典:気象庁
県東部(県全体含む)は雨量の強い雨を降らす雨雲が絶えず通る予測となっており、18:00の段階で島田川(玖珂入南橋)での水位が水防団待機を超過、錦川(南桑、出合、小原)で同様に水防団待機の水位となっています。
河川水位情報は下記リンクより得る事ができます。


また、18:00時点では警戒情報は出ていませんが、県で防災情報を集約している「防災やまぐち」で注意・警戒情報を確認出来ますので合わせて確認下さい。

コロナが完全に収束していない状況下での警戒となりますことを留意する必要があります。